ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. アタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行したが指定した図面データと違う図面が参照される

アタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行したが指定した図面データと違う図面が参照される

製品名
ARES Commander 2024
ARES Standard 2024
ARES Mechanical 2024

アタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行しましが、指定した図面データと違う図面が参照されてしまいます。
なぜでしょうか?

「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」を指定していますが、

「A」フォルダの「1F_平面図.dwg」が参照されています。

 

既存の外部参照図面データと同じ名前の図面データを参照すると、既存の図面データの情報が優先され表示されます。
例の場合、「A」フォルダの「1F_平面図.dwg」が既に参照されている図面に、「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」を外部参照すると既存の外部参照「A」フォルダの「1F_平面図.dwg」が優先され表示されます。

アタッチ解除[DETACHDRAWING]コマンドで既存外部参照を非表示にするか、名前変更[RENAME]コマンドを実行し既存参照図面データの名前(ブロック)を変更してから再度外部参照してください。

 

下記手順で表示できます。

例として「A」フォルダの「1F_平面図.dwg」と

「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」を使用し外部参照します。

※「A」フォルダの「1F_平面図.dwg」を参照している図面に「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」を参照します。

【既存の外部参照を削除してから新規図面データを参照する場合】

1.[参照]パレットを表示します。

2.削除したい外部参照データ上で右クリックし、[アタッチ解除]をクリックします。
例として「A」フォルダの「1F_平面図.dwg」を選択します。

「アタッチ解除」できました。

3.再度アタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

4.[ファイルを選択]ダイアログが表示されるので、参照したい図面を選択し[開く]ボタンをクリックします。
例として「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」を選択します。

5.[参照をアタッチ:図面]ダイアログが表示されるので、必要な項目を変更して[OK]ボタンをクリックします。

「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」が参照できました。

 

【既存の参照データの名前を変更してから新規図面データを参照する場合】

1.名前変更[RENAME]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.[名前変更]ダイアログが表示されるので、「ブロック」をダブルクリックします。

3.参照している図面名をクリックし、名前を変更します。
例として「A_1F_平面図」と入力します。

4.[名前変更]ボタンをクリックします。

5.名前が変更されたのを確認し[閉じる]ボタンをクリックします。

6.[プロパティ][参照]パレットを表示します。

※参照している図面名を確認すると名前が変わっています。

[プロパティ]パレット:

[参照]パレット:

7.アタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

8.[ファイルを選択]ダイアログが表示されるので、参照したい図面を選択し[開く]ボタンをクリックします。
例として「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」を選択します。

9.[参照をアタッチ:図面]ダイアログが表示されるので、必要な項目を変更して[OK]ボタンをクリックします。
例の場合は「位置」の「後で指定する」にチェックを入れます。

10.コマンドウィンドウに「位置を指定」と表示されるので、任意点をクリックします。

「B」フォルダの「1F_平面図.dwg」が参照されました。

 

関連 FAQ:

アタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドで外部参照したが「既に定義されています。」と表示され参照できない


 

検索キーワード
参照 外部参照 ATTACHDRAWING アタッチ解除  違う図面 RENAME 名前変更 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=25486