ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. [オプションツールバー]の操作方法を教えてください

[オプションツールバー]の操作方法を教えてください

製品名
ARES Commander 2023/2024
ARES Standard 2023/2024
ARES Mechanical 2023

[オプションツールバー]の操作方法を教えてください。

 

[オプションツールバー]は、コマンドにオプションがある場合にオプションが表示されます。
※オプションが何もない場合は何も表示されません。
※オプションは、[コマンドウィンドウ]に青色で表示されています。

 

下記手順で操作できます。
例として、コピー[COPY]コマンドでご説明します。

※元になるエンティティの画層は「0画層」とします。

※アクティブ画層は「水色」とします。

 

1.[オプションツールバー]パレットを表示します。

2.コピー[COPY]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

3.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示され、[オプションツールバー]にはエンティティを指定する際のオプションが表示されるので、使用するオプションをクリックします。

例として「ウィンドウ(W)」をクリックします。

4.コマンドウィンドウに「最初のコーナーを指定する、またはカーソルをピックドラッグ」と表示されるので、最初のコーナーをクリックします。

5.コマンドウィンドウに「反対側のコーナーを指定」と表示されるので、反対側のコーナーをクリックし Enter を押します。

6.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示され、[オプションツールバー]にはオプションの「移動距離(D)」と「アクティブな画層(L)」と表示されるので使用するオプションをクリックします。

例として「オプションツールバー]の「アクティブな画層(L)」をクリックします。
※「移動距離(D)」を選択する場合は、手順 8 へ進みます。

7.コマンドウィンドウに「アクティブな画層に割り当てますか?」と表示され、[オプションツールバー]には「はい(Y)いいえ(N)」と表示されるので「はい(Y)」をクリックします。

8.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示され、[オプションツールバー]にはオプションの「移動距離(D)」と「アクティブな画層(L)」と表示されるので、例として「移動距離(D)」をクリックします。
※「始点を指定」する場合は、手順 10 へ進みます。

9.コマンドウィンドウに「移動距離を指定」と表示されるので、移動距離を入力し Enter を押します。
例として「200」と入力します。

※「基点」は「0,0,0」になります。

アクティブ画層の「水色」でコピーできました。

 

【手順 8 で「始点を指定」を選択する場合】

10.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示されるので、始点をクリックします。
※[オプションツールバー]にはオプションの「移動距離(D)」と「アクティブな画層(L)」と表示されています。

11.コマンドウィンドウに「2つ目の点を指定」と表示されるので、2点目を指定します。
例として移動距離「200」と入力し Enter を押し ます。
※[オプションツールバー]の「パターン」を選択する場合は手順 12 へ進みます。

Esc キーを押してコマンドを終了します。

作成できました。

 

【手順 11 で「パターン」を選択する場合】

12.コマンドウィンドウに「2つ目の点を指定」と表示され、[オプションツールバー]には「パターン」と表示されるので、[オプションツールバー]の「パターン」をクリックします。

13.コマンドウィンドウに「パターン化する要素の数を指定」と表示されるので、パターンで表示させたい個数の値を入力し Enterを押します。
例として「5」と入力します。

14.コマンドウィンドウに「2つ目の点を指定」と表示されるので、2点目をクリックします。
※[オプションツールバー]には「フィット」と表示されています。
「フィット」を選択する場合は、手順 16 へ進みます。

15.Escキーを押してコマンドを終了します。

コピーできました。

※要素の数は元になるエンティティを含めた数になります。

【手順 14 でオプションの「フィット」を選択する場合】

16.コマンドウィンドウに「2つ目の点を指定」と表示され、[オプションツールバー]には「フィット」と表示されるので、[オプションツールバー]の「フィット」をクリックします。

17.コマンドウィンドウに「2点目の点を指定」と表示されるので、2点目をクリックします。

18.Escキーを押してコマンドを終了します。

コピーできました。

※「フィット」は「基点」と「2点目の点」の間に等間隔でエンティティを表示します。

 

関連FAQ:
複写[COPY]コマンドのオプションの「パターン」で1度に複数コピーする方法

検索キーワード
オプションツールバー コピー COPY 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=17970