Graebert neXt Japan 2024 イベントのリプレイとビデオコンテンツが公開されました

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. サポート情報
  6. /
  7. シートに作成したビュータイル(ビューポート)が表示されない

シートに作成したビュータイル(ビューポート)が表示されない

製品名
ARES Commander 2018/2019/2020/2022/2023/2024/2025
ARES Standard 2018/2019/2020/2022/2023/2024/2025
ARES Mechanical 2022/2023/2024
(青い星)

シートに作成したビューポートでエンティティが表示されないものがあります。
何が原因でしょうか?
 

:a:

システム変数「MAXACTVP」で設定している値よりビューポートの数が多いのが原因かと思われます。
システム変数「MAXACTVP」の値を、ビューポートの総数 +1 より大きい値に設定してください。

エンティティが表示されるビューポートの数は、システム変数「MAXACTVP」によって制御されています。
システム変数「MAXACTVP」は図面毎に保持される設定となっています。

設定したシステム変数「MAXACTVP」の値が 2 だった場合
シートに作成したビューポートでエンティティを表示できる数は 1 となります。
2 とはならない理由は、ビューポートのカウントにシートも含まれますので、シートとビューポート合わせて 2 となるからです。

システム変数「MAXACTVP」で設定できる値は、2~64 となります。
デフォルト設定は 64 となっています。

シート内に沢山のビューポートを作成している場合、ビューポート内のエンティティの表示を非表示にすることにより、データが軽くなり動きがスムーズになるという利点があります。


 

【システム変数の設定方法】

  1. 図面を開きます。
  2. コマンドウィンドウに MAXACTVP と入力し Enter を押します。
  3. 値を変更し(2~64)Enter を押します。
  4. 図面を上書き保存します。
  5. 図面を閉じます。
  6. 図面を再び開き、システム変数が反映されていることを確認してください。
     
検索用キーワード
ビュータイル ビューポート MAXACTVP

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=1441