ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. ステータスバーの Eトラック で仮想交点を取る方法

ステータスバーの Eトラック で仮想交点を取る方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
(青い星)

2本の線分の仮想交点を取り三角形を完成させたいのですが、どのような方法がありますか?


:a:

一時 Eスナップ の機能を利用して仮想交点を取得する方法と、ステータスバーの「Eトラック」 を利用して作成する方法があります。
ステータスバーの「Eトラック」モードを有効にしておくと、他のエンティティと特定の位置関係を維持してエンティティを描いたり、配置したりすることができます。

  1. ステータスバーの「Eトラック」上で右クリックし「オン」にします。
    ([Eトラック]ボタンをクリックし、「オン」と「オフ」を切り替えることもできます。)


  2. 線分[LINE]コマンド もしくは ポリライン[POLYLINE]コマンドを実行します。

    リボン:



    メニュー:


     
  3. 仮想交点を取りたいエンティティの端点を1つクリックします。


     
  4. 3で指定したエンティティとは違う端点の上にカーソルを合わせます。


     
  5. カーソルを移動させると、2本のエンティティの延長線上にガイドが表示されますので、
    交点が表示されたらクリックします。

     

  6. 端点をクリックし、Enter を押します。


      


  7. 作成できました。




検索用キーワード
Eトラック 仮想交点 ステータスバー Eスナップ 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=2151