ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. スマート電卓パレットの使い方

スマート電卓パレットの使い方

製品名
ARES Commander 2023
ARES Srandard 2023
(青い星)

スマート電卓パレットの使い方を教えてください。
 

:a:


スマート電卓パレットは、ARES 2023から搭載されました。
同じ[SMARTCALCULATOR]コマンドでも ARES 2023 以前のバージョンでは、
電卓ダイアログが表示され機能も異なります。
 

スマート電卓パレットは、電卓機能の他、
値をクリップボードにコピーしたり、
 


 

コマンドラインに反映させたりできます。
 


 

今回は、スマート電卓で計算した値を円[CRCLE]コマンドの半径に反映させて作成します。
 


 
  1. スマート電卓[SMARTCALCULATOR(QUICKCALC)]コマンドを実行します。

    コマンド:



    リボン:



    クラシック:



    スマート電卓のパレットが表示されます。


     
  2. 値を入力します。今回は、半径100の1/3の値の円を作成します。

     

  3. Enter を押すか、等号「=」をクリックします。
    履歴画面に計算式と計算結果の値が表示され、
    式を入力した箇所にも計算結果が表示されます。

     

  4. 円[CRCLE]コマンドを実行します。

    コマンド:



    リボン:



    クラシック:

     

  5. [中心点を指定]します。



      

  6. 「半径を指定」と表示されますので、



    スマート電卓の[コマンドラインにコピー]をクリックします。


     
  7. コマンドウィンドウに計算結果の「33.333」と表示されます。



    Enter をを押すと円が作成されます。



検索用キーワード
SMARTCALCULATOR スマート電卓 クイック計算 QUICKCALC

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=2170