ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 開発者向け情報
  6. /
  7. セキュリティオプションについて

セキュリティオプションについて

製品名
ARES Commander 2022/2023/2024/2025
ARES Standard 2022/2023/2024/2025
ARES Mechanical 2024/2025
(青い星)

実行ファイルをロードしようとすると下記のメッセージが表示されます。表示されないようにする方法はありますか。

 

(青い星)

ARES 2020 から、信頼できないフォルダからのアプリケーションの読み込みを制限できるようになりました。信頼できるフォルダは下記の手順で編集できます。

  1. ARESを管理者権限で起動し、SECURITYOPTIONSコマンドを実行します。
  2. セキュリティレベル「中」で運用するには、信頼できるフォルダを追加します。
  3. これでアプリケーションロード時に警告がでなくなります。

セキュリティオプションの設定は、レジストリに保存されます。

場所は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Graebert GmbH\ARES Commander 2020\security です。
(ARES Commander 2022ならキー名はARES Commander 2022です)

 

値とサンプルと意味

名前既定値意味
lspasdoctruetrue : START.LSP を図面を開く度にロードする。
false : 起動時のみロードする。
legacycodesearchfalsetrue : サポートパスの各フォルダ、開いている図面ファイルの場所、カレントフォルダをファイル検索の対象にする。
false : サポートパスの各フォルダを対象にする。
secureload1セキュリティレベルを設定する。
0 : 低
1 : 中
2 : 高
trustedpathsなし追加の信頼できるフォルダ。
複数のフォルダはセミコロンで区切る。
”c:\sample;d:\data” など。
検索用キーワード
セキュリティオプション

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=118