ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. ハッチングを[点を指定]で作成できない

ハッチングを[点を指定]で作成できない

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023

ハッチングを[点を指定]で作成できません。
操作方法を教えてください。

 

エンティティが閉じていないと[点を指定]や[エンティティを指定]でハッチングが作成できません。
延長[EXTEND]コマンドやJToolsの角トリム[JDX_CTRIM]コマンドでエンティティを閉じると作成できます。

 

【延長[EXTEND]コマンドを使用してエンティティを閉じてからハッチングを作成する方法】

1.延長[EXTEND]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「境界エッジを指定」と表示されるので、境界エッジとなるエンティティをクリックし Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「延長するセグメントを指定」と表示されるので、延長したいエンティティをクリックし Enter を押します。

エンティティが延長され閉じました。

5.ハッチング[HATCH]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

6.ハッチングダイアログが表示されますので、「タイプ」や「パターン」、「角度と尺度」等の設定が終了したら、「境界設定」の[点を指定]ボタンをクリックします。

※ARES 2023 からは、リボン表示の場合「ハッチングエディタ」が表示されます。
「パターン」や「プロパティ」の「尺度」や「角度」の設定が終了したら、「境界設定」の[点を指定]ボタンをクリックします。

ハッチングダイアログを表示させるには、コマンドウィンドウに「オプション「設定(T)」の「T」と入力し Enter を押します。

7.コマンドウィンドウに「内部の点を指定」と表示されるので、作成したいエリアの内部をクリックしEnter を押します。

8.ハッチングダイアログを表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

作成できました。

 

【JToolsの角トリム[JDX_CTRIM]コマンドでエンティティを閉じてからハッチングを作成する方法】

1.JToolsの角トリム[JDX_CTRIM]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「最初の図形を指定」と表示されるので、1つ目のエンティティをクリックします。

3.コマンドウィンドウに「2つ目の図形を指定」と表示されるので、手順 2とは別のエンティティをクリックし Enter を押します。

エンティティが閉じました。

4.ハッチング[HATCH]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

5.ハッチングダイアログが表示されるので、「タイプ」や「パターン」、「角度と尺度」等の設定が終了したら、「境界設定」の[点を指定]ボタンをクリックします。

※ARES 2023 からは、リボン表示の場合「ハッチングエディタ」が表示されます。
「パターン」や「プロパティ」の「尺度」や「角度」の設定が終了したら、「境界設定」の[点を指定]ボタンをクリックします。

ハッチングダイアログを表示させるには、コマンドウィンドウに「オプション「設定(T)」の「T」と入力し Enter を押します。

6.コマンドウィンドウに「内部の点を指定」と表示されるので、作成したいエリアの内部をクリックしEnter を押します。

7.ハッチングダイアログが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

作成できました。

 

検索キーワード
ハッチング HATCH ハッチングエディタ ハッチングダイアログ 点を指定 できない

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=12777