ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. パターンハッチング[PATTERNHATCH]コマンドでハッチングを作成したい

パターンハッチング[PATTERNHATCH]コマンドでハッチングを作成したい

製品名
ARES Commander 2024
ARES Mechanical 2024

パターンハッチング[PATTERNHATCH]コマンドでハッチングを作成したいです。
操作方法を教えてください。

 

パターンハッチング[PATTERNHATCH]コマンドは、ブロック図形、イメージ、外部参照、マスクを使用してハッチングを作成します。
※図面に依存する、ハッチング境界は保存できません。
※保存したハッチング設定は任意の他の形状や境界に使用できます。

例として同一図面上にある「test」ブロックで閉じた領域をハッチングします。

 

1.パターンハッチング[PATTERNHATCH]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.[パターンハッチング]ダイアログが表示されるので、[タイプ]の「ブロック」をクリックします。

3.[パターン]の名前の[…]ボタンをクリックしブロックを指定します。

4.[ブロックを選択]ダイアログが表示されるので、パターンで使用するブロック名を選択し[OK]ボタンをクリックします。
例としてブロック名「test」をクリックします。

※再度[パターンハッチング]のダイアログが表示され、[パターンのプレビュー]に選択したブロックが表示されます。

5.[サイズと位置]でハッチング パターンに適用する X と Y 方向の尺度係数や、パターンの水平および垂直方向の間隔を指定します。

尺度係数が「2」、間隔を「0.5」の場合:

尺度係数が「3」、間隔を「0.5」の場合:

例として尺度が「1」間隔を「0.5」に設定します。

6.[エンティティのタイプ]を指定します。
例として「匿名ブロック」を選択します。
※エンティティグループは編集できないため、ハッチングをブロックとして作成することをお勧めします。

7.[制限]で境界の表示範囲を指定します。
「エンティティを切り取り」を有効にすると、パターン エンティティは指定した境界によって切り取られます。
無効にすると、パターンエンティティが境界の中に納まるように配置されます。

「エンティティを切り取り」が無効の場合:

「エンティティを切り取り」が有効の場合:

※「上回るエンティティを描画」の設定を無効にすると境界範囲を超えた図形は表示されません。

例として、「エンティティを切り取り」「上回るエンティティを描画」を有効にします。

8.[境界]の[点を指定]ボタンをクリックします。

9.コマンドウィンドウに「内部の点を指定」と表示されるので、ハッチングを作成したい内部の点をクリックします。

8.すべて指定できたら、Enter を押します。

9.再度[パターンハッチング]ダイアログが表示されるので、[プレビュー]ボタンをクリックします。
※境界が指定されると[プレビュー]ボタンが押せるようになります。

10.コマンドウィンドウに「クリックまたは Esc キーを押してダイアログボックスに戻るか、右クリックでハッチングを確定します。」と表示されるので、確定する場合は右クリック、再度設定する場合はクリックまたは Esc キーを押します。

例の場合は、左下のコーナーに原点を合わせたいので、作図画面をクリックしてダイアログに戻ります。

11.[パターン原点]の[グラフィック領域内で指定]ボタンをクリックします。

12.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示されるので、原点に変更したい点をクリックします。
例として左下の終点を指定します。

13.再度[プレビュー]ボタンをクリックして確認します。

例の場合は、原点が左下に移動しました。

14コマンドウィンドウに「クリックまたは Esc キーを押してダイアログボックスに戻るか、右クリックでハッチングを確定します。」と表示されるので、右クリックしてハッチングを確定します。

作成できました。

 

関連 FAQ:
パターンハッチング[PATTERNHATCH]コマンドでパターンの設定を保存する方法

 

検索キーワード
パターンハッチング PATTERNHATCH ハッチング XtraTools

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=32600