ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. ブロックをクリップしたまま形状を維持し分解する方法

ブロックをクリップしたまま形状を維持し分解する方法

製品名
ARES Commander 2024
ARES Standard 2024

ブロックをポリラインでクリップしました。

関連FAQ:
貼り付けたブロックの一部を切り取りたい 
外部参照を切り抜きたい

形状を維持したまま分解したいのですが、分解するとクリップ前のブロックに戻ってしまいます。

操作方法を教えてください。

 

下記手順で作成できます。

 

1.[プロパティ]パレットを表示します。

2.[シート]画面に切り替えます。
例として[シート1]に切り替えます。

 3.[シート]画面で、クリップしたブロックのみのビュータイルを作成します。
関連FAQ:ビュータイル(ビューポート)の作成方法

4.ビュータイルをクリックし、[プロパティ]パレットで尺度を設定します。
例として「1:20」に設定します。

5.ビュータイルをクリップしたブロックと同じサイズに変更します。

6.シートをエクスポート[EXPORTSHEET(EXPORTLAYOUT)]コマンドを実行します。
関連FAQ:
[シートをエクスポート]の操作方法  
シートを別の図面のモデルに書き出したい

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

7.[シートをモデル図面にエクスポート]のダイアログが表示されるので、保存先と名前を指定し[保存]ボタンをクリックします。

8.「ファイルは次のパスに正常に作成されました。今すぐ開きますか?」と表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

9.作成された図面でブロックを選択し[プロパティ]パレットで尺度を確認します。

※手順 4 で設定したビュータイルの標準尺度の値で作成されています。
※例の場合は、標準尺度を「1:20」で作成したため 1/20 の「0.05」で作成されています。

10.全てのエンティティを指定します。

11.尺度[SCALE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

12.コマンドウィンドウに「基点を指定」と表示されるので、基点をクリックします。

13.コマンドウィンドウに「尺度係数を指定」と表示されるので、手順 9 で確認した尺度の値が「1」になる値を入力し Enter を押します。
例として手順 4 で「1:20」で設定した場合は、「20」と入力します。

ブロックをクリックし[プロパティ]パレットで確認すると、尺度が「1」に変更されました。

14.分解[EXPLODE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

形状を維持しながら分解できました。

※クリップボードへコピー[CLIPBOARDCOPY]コマンドでコピーし、

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

貼り付け[PASTE]コマンドで貼り付けてご使用ください。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

 

 

検索キーワード
シートをエクスポート EXPORTSHEET EXPORTLAYOUT 分解 EXPLODE 形状維持 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=18815