ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. ブロックを挿入すると尺度が小さくなってしまう

ブロックを挿入すると尺度が小さくなってしまう

製品名
ARES Commander 2023/2024
ARES Standard 2023/2024
ARES Mechanical 2023

ブロックを挿入すると尺度が小さくなってしまいます。
※例としてブロックは「test_ブロック」を使用します。

同じブロックなのに尺度が違います。

ブロックの直径を計測すると、正しい尺度のブロックの値が25.4倍になっています。


また、図面単位を制御するシステム変数[MEASUREMENT]の値は、メートル単位系の「1」にしています。
※関連FAQ:同じ尺度のハッチングなのに細かさが違うハッチングがある

 

図面に挿入または添付されるブロック、参照、またはイメージの自動尺度の図面単位を決定するシステム変数[INSUNITS]があります。
※デフォルトでは、「1」インチ/「4」ミリメートルになっています。

0 :単位が指定されていません
1 :インチ(I)
2 :フィート(F)
3 :マイル(M)
4 :ミリメートル(M)
5 :センチメートル(C)
6 :メートル(M)
7 :キロメートル(K)
8 :マイクロインチ(M)
9 :ミル(M)
10 :ヤード
11 :オングストローム(A)
12 :ナノメートル(N)
13 :ミクロン(M)
14 :デシメートル(D)
15 :デカメートル(D)
16: ヘクトメートル(H)
17 :ギガメートル(G)
18 :天文単位(A)
19 :光年(LY)
20 :パーセク

 

下記手順で変更できます。

1.[プロパティパレット]を表示します。

2.コマンドウィンドウに、システム変数の[INSUNITS]と入力して Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「INSUNITS の新しい値を入力」と表示されるので、「ミリメートル(M)」の「4」と入力し Enter を押します。

4.ブロック挿入[INSERTBLOCK]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

5.[ブロック挿入]のダイアログが表示されるので、挿入したいブロックを選択します。
例として[test_ブロック]を選択します。
関連FAQ:ブロックの挿入方法

6.[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

7.コマンドウィンドウに「目的点を指定」と表示されるので、目的点をクリックします。

作成できました。

 

※既存の尺度の違うブロックは、[プロパティパレット]の[ジオメトリ]の尺度の値を「1」に変更すると、同じブロックの尺度で表示できます。


 

検索キーワード
MEASUREMENT INSUNITS システム変数 インチ ミリメートル 尺度 小さくなる 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=17880