ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. リージョン[REGION]コマンドを使用して重なったビュータイルを作成する方法

リージョン[REGION]コマンドを使用して重なったビュータイルを作成する方法

製品名
ARES Commander 2023

リージョン[REGION]コマンドを使用して重なったビュータイルを作成したいです。
操作方法を教えてください。

 

ARES 2023 SP3 より、リージョン[REGION]コマンドを使用して重なったビュータイルが作成できるようになりました。
下記手順で作成できます。

 

1.ビュータイルの内側をダブルクリックしてモデルをアクティブにします。

※ステータスバーからも変更できます。

クリックする毎に「モデル」と「シート」が切り替わります。

2.名前指定[VIEWS]コマンドを実行し、ビューを保存します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

3.タイプの「モデル」にチェックを入れ、[新規]ボタンをクリックします。

4.名前を入力し[OK]ボタンをクリックします。
例として「test」と入力します。

5.手順 4で作成した名前を確認し[OK]ボタンをクリックします。

6.ビュータイルの外側をダブルクリックし、シート画面をアクティブにします。

7.ビュータイルと同じ形状のポリラインを作成します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

8.コマンドウィンドウに「始点コーナーを指定」と表示されるので、始点をクリックします。

9.コマンドウィンドウに「目的点を指定」と表示されるので、反対側のコーナーを指定します。

10.すべてのポリラインの作成が出来たら Esc キーを押してコマンドを終了します。

11.移動[MOVE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

12.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、手順 10で作成したポリラインをクリックします。
※ARES 2023 より[循環選択]の機能が追加されました。

ARES 2022以前のバージョンの場合は、Shiftキー + スペースキー でエンティティを循環させ選択します。

関連FAQ:図形が重なっているときのエンティティの選択方法

13.すべて選択できたら、Enter を押します。

14.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示されるので、始点をクリックします。

15.コマンドウィンドウに「目的点を指定」と表示されるので、移動したい任意の場所をクリックします。

16.リージョン[REGION]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

17.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、手順 10で作成したポリラインをクリックします。

18.すべて選択出来たら、Enter を押します。

リージョンが作成できました。

19.[SUBTRACT]コマンドを実行し、リージョンを3つから1つに変更します。

20.コマンドウィンドウに「差し引くソリッド、リージョン、サーフェスを指定」と表示されるので、一番外側のリージョンをクリックし Enter を押します。

21.コマンドウィンドウに「差し引くソリッド、リージョン、サーフェスを指定」と表示されるので、差し引きたい内側のリージョンをクリックし Enter を押します。

リージョンが1つになりました。

22.図形をビュータイルに変換[VIEWPORT]コマンドのオプション「エンティティ」を実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

23.コマンドウィンドウに「クリッピングエンティティを指定」と表示されるので、手順 21で作成したリージョンをクリックします。

ビューポートに変換されました。

24.ビュータイル上でダブルクリックし、モデル画面をアクティブにします。

25.名前指定[VIEWS」コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

26..タイプの「モデル」にチェックを入れ、手順 5で作成したビューをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。

ビューが反映されました。

27.ビュータイルの外側をダブルクリックし、シート画面をアクティブにします。

28.コピー[COPY]コマンドを実行し、ビュータイルをコピーします。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

29.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、内側のビュータイルをクリックし Enter を押します。

30.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示されるので、始点をクリックします。

31.コマンドウィンドウに「2つ目の点を指定」と表示されるので、手順 26で作成したビュータイルでコピーするビュータイルの始点と同じエンティティをクリックし Enter を押します。

新しいビュータイルにコピーできました。

32.移動[MOVE]コマンドで、旧ビュータイルと新しく作成したビュータイルを入れ替えます。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

33.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、ビュータイルを選択し Enter を押します。

34.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示されるので、始点をクリックします。

35.コマンドウィンドウに「目的点を指定」と表示されるので、移動するビュータイルの始点と同じエンティティをクリックします。

入れ替えられました。

36.印刷[PRINT]コマンドを実行します。

印刷プレビューで確認すると、

重なったビュータイルの内側のビュータイルが外側のビュータイルの上に表示されました。

 

検索キーワード
重なったビュータイル REGION リージョン SUBTRACT 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=13075