ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. サポート情報
  6. /
  7. ワークスペースを切り替えると、追加で表示したツールバーが消えてしまう

ワークスペースを切り替えると、追加で表示したツールバーが消えてしまう

製品名
ARES Commander 2020/2022/2023
ARES Standard 2020/2022/2023
:regional_indicator_q:

ツールバーを表示するよう、設定を変更しました。

ワークスペースを切り替えて、元のワークスペースに戻ると、カスタマイズした内容が元に戻ってしまいます。

どのようにすれば、カスタマイズした内容をワークスペースに保存できるのでしょうか。

 

:a:

既定の設定では、カスタマイズした内容はワークスペースに保存されません。

ワークスペースに保存を行うには、以下の手順を行います。

  1. ツールバーを表示します。


  2. コマンド ウィンドウに CUI と入力します。
  3. 表示された画面で、[UI プロファイル]をクリックします。


     
  4. [UIプロファイル]の左にある + をクリックして展開します。


     
  5. 「切替時にワークスペースと自動保存」にチェックを入れて、[OK]をクリックします。


     
  6. 他のワークスペースに切り替えます。

     
  7. 元のワークスペースに戻します。

これで、変更内容がワークスペースに保存されました。

そのため、追加したツールバーが表示されたままになります。

画面周りのカスタマイズが終わったら、「切替時にワークスペースを自動保存しない」の設定に戻しておくことをおすすめします。

意図せずワークスペースの状態が変わってしまった場合に、簡単に元の状態に戻すことができるためです。

元の状態に戻すには、一旦他のワークスペースに切り替えて、元のワークスペースに戻します。

ワークスペースには、ツールバーの 表示/非表示 の設定が保存されます。

ツールバーの位置情報は、プロファイルに保存されます。

 

検索用キーワード
デフォルト 戻る 戻す CLASSIC 製図注釈 Drafting and Annotation

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=1648