ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 保存したビューを新しいビュータイルに反映させた時にビューの位置を合わせる方法

保存したビューを新しいビュータイルに反映させた時にビューの位置を合わせる方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Mechanical 2023
:regional_indicator_q:

多角形ビューポートで作成したビューポートの形状を変更するため、ビューを保存して新しいビュータイルに反映させました。
ビューの位置を少しずらしたいのですが上手くいきません。
きれいに位置を合わせる方法を教えてください。

 

:a:

XtraTools のワークスペースを整列[ALIGNWORKSPACES]コマンドで作成できます。

1.ビュータイルの中をダブルクリックしてモデル空間をアクティブにします。

※ステータスバーからも変更できます。
クリックする毎に「シート」と「モデル」が切り替わります。

2.モデル空間の合わせたいエンティティがはっきり見えるようにビューを移動させておきます。

3.XtraTools のワークスペースの整列[ALIGNWORKSPACES]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

4.コマンドウインドウに「モデル空間の1点目を指定」と表示されるので、シート空間と合わせたい任意点をクリックします。

5.コマンドウインドウに「モデル空間の2点目を指定」と表示されるので、手順 4 で選択した任意点とは別の任意点をクリックします。

6.コマンドウインドウに「シート空間の1点目を指定」と表示されるので、モデル空間と合わせたい任意点をクリックします。

7.コマンドウインドウに「シート空間の2点目を指定」と表示されるので、手順 6 で選択した任意点とは別の任意点をクリックします。

8. Enter を押してコマンドを終了し、ビュータイルの外側をダブルクリックしてシートをアクティブにします。

作成できました。

既存の多角形ビュータイル(ビューポート)の情報を保存し、新規のビュータイル(ビューポート)に反映させる方法

検索用キーワード
ビュータイル ビューポート XtraTools ワークスペースを整列 ALIGNWORKSPACES 名前指定 方向指定ビュー
多角形ビューポート

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=10612