ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 円弧長の補助線を放射状で表示させたい

円弧長の補助線を放射状で表示させたい

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023

円弧長[ARCLENGTHDIMENSION]コマンドを実行すると補助線が放射状にできません。
放射状に表示する方法を教えてください。

円弧周長[JDX_ARCDIM]コマンドで作成できます。

※円弧周長[JDX_ARCDIM]コマンドで作成された寸法値は、寸法の上書きがされたものとなります。

そのため、[プロパティパレット]の「主要な単位系」では寸法値の桁数は変更できませんので、アクティブな[寸法スタイル]の[長さ寸法]で[精度]を変更してください。

また、エンティティの形状を変更された場合も「寸法値」は追従されません。

 

1.寸法スタイル[DIMENSIONSTYLE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.[寸法スタイル]のダイアログが表示されるので、使用したい[寸法スタイル]を選択し[新規]ボタンをクリックします。
※何も変更しない場合は、手順 5 へ進みます。

3.[新規寸法スタイル]のダイアログが表示されるので、「名前」を変更し[OK]ボタンをクリックします。
例として「円弧周長]と入力します。

4.[矢印]や[線分]でサイズや色など必要な項目を設定し、[適用]ボタンをクリックします。
※[精度]は[長さ寸法]で変更できます。

5.[アクティブ化]ボタンをクリックします。

※[スタイル名]の表示が変わります。

6.[適用]ボタンをクリックしてから[OK]ボタンをクリックしダイアログを終了します。

7.円弧周長[JDX_ARCDIM]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

8.コマンドウィンドウに「円弧を選択」と表示されるので、円弧周長を測定したい円弧をクリックします。

9.コマンドウィンドウに「寸法位置を指定」と表示されるので、作成したい寸法位置をクリックします。

作成できました。

 

検索キーワード
円弧長 ARCLENGTHDIMENSION 円弧周長 JDX_ARCDIM JTools  


短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=16682