ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 切断[SLICE]コマンドでソリッド断面を作成する方法

切断[SLICE]コマンドでソリッド断面を作成する方法

製品名
ARES Commander 2024
ARES Mechanical 2024

切断[SLICE]コマンドでソリッド断面を作成する方法を教えてください。

 

下記手順で作成できます。

 

※ワークスペースを「3Dモデリング」に変更すると[ホーム]タブに[モデリング]や[ソリッド編集]などのパネルが表示され使用するコマンドが実行しやすくなります。

 

例として
ソリッドタイプ:円錐
底面半径:50
高さ:100

のエンティティを使用します。

 

1.ビュー[-VIEWS]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

※コマンドを直接入力した場合は手順 2 へ、それ以外は手順 4 へ進んでください。

2コマンドウィンドウに「オプションを指定」と表示されるので、「正射投影(O)」の「O(オウ)」と入力し Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「オプション指定」と表示されるので、「上面(T)」の「T」と入力し Enter を押します。

4.四角形[RECTANGLE]コマンドを実行し、断面を作成する為の枠を作成します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

5.コマンドウィンドウに「始点コーナーを指定」と表示されるので始点をクリックします。

6.コマンドウィンドウに「反対側コーナーを指定」と表示されるので、ソリッドを囲む範囲で反対側のコーナーをクリックします。

7.キーボードの[Shift]キーを押しながらマウスホイールを長押ししてカーソルを動かし、ビューの位置を切り替えます。

※カーソルの表示が変わります。

8.[プロパティ]パレットを表示させ、手順 6 で作成したエンティティをクリックして[高度(高さ)]の値を入力します。
例として「50」と入力します。

9.切断[SLICE]コマンドを実行します。

コマンド:

リボン:

10.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、切断したいエンティティを指定し Enter を押します。

10.コマンドウィンドウに「切断平面の開始点」と表示されるので、オプションの「平面エンティティ(E)」の「E」と入力し Enter を押します。

11.コマンドウィンドウに「切断面を定義するには円、楕円、円弧、2Dスプライン、または2D ポリラインを指定」と表示されるので、手順 6 で作成したポリライン(四角形)を指定します。

12.コマンドウィンドウに「任意の辺上の点」と表示されるので、切断して残す側を選択します。

13.コマンドウィンドウに「切断面の高さを指定」と表示されるので、値を入力し Enter を押します。
例として「0」と入力します。(「0」にすると、手順 8 で設定した高さで切断されます。)

14.手順 6 で作成した四角形エンティティを削除[DELETE]コマンドで削除します。

作成できました。

ビュー[-VIEWS]コマンドで上面に切り替え:

  

関連 FAQ:
3DのDWGデータの断面図を作成したい
直方体[BOX]コマンドを使用して 3D の面取直方体を作成する方法
2D の四角形から面取直方体を作成する方法

検索キーワード
ソリッド 3D 切断 SLICE ソリッド編集 高度

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=29098