ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 回転複写[JDX_ROTATECOPY]コマンドでオプションの[角度]を指定して連続複写する方法

回転複写[JDX_ROTATECOPY]コマンドでオプションの[角度]を指定して連続複写する方法

製品名
ARES Commander 2024
ARES Standard 2024
ARES Mechanical 2024

回転複写[JDX_ROTATECOPY]コマンドでオプションの[角度]を指定して連続複写する方法を教えてください。

 

下記手順で作成できます。
例として、「45度」毎に回転します。

 

1.回転複写[JDX_ROTATECOPY]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、回転させるエンティティをクリックし Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「基点または(A=角度/M=計測)」と表示されるので、基点をクリックします。

4.コマンドウィンドウに「回転角度を指定」と表示されるので、回転角度を指定し Enter を押します。
例として「45」と入力し Enter を押します。

回転しながら複写されます。

5.再度、回転複写[JDX_ROTATECOPY]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

※キーボードの[Enter ]キーを押してもコマンドが繰り返されます。

6.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、回転させたいエンティティをクリックし Enter を押します。

6.コマンドウィンドウに「基点または(A=角度/M=計測)」と表示されるので、「A=角度」の「A」と入力し Enter を押します。

7.コマンドウィンドウに「基点(X=終了)」と表示されるので、基点をクリックし Enter を押します。

8.コマンドウィンドウに「基点(X=終了)」と表示されるので、手順 7を繰り返して回転したいエンティティの基点を指定していきます。

9.すべて指定できたら、「X=終了」の「X」と入力しEnter を押します。

作成できました。

 

関連 FAQ:
元のエンティティを残したまま指定角度で回転したい
回転複写[JDX_ROTATECOPY]コマンドで角度を[参照]して複写する方法
回転[ROTATE]コマンドでエンティティを回転させたい
回転[ROTATE]コマンドのオプションの[参照]を使用して回転させたい

 

検索キーワード
回転複写 JDX_ROTATECOPY コピー 元のエンティティを残す  

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=29853