ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 図枠を外部参照(アタッチ)させる方法

図枠を外部参照(アタッチ)させる方法

製品名
ARES Commander 2022
ARES Standard 2022
:regional_indicator_q:

A1サイズで図枠を作成してある図面があります。
それを今作成している図面に外部参照したいです。
今作成している図面は、モデルには1/1の実寸で作成しており、1/100で印刷するように設定しています。
どのようにすればいいでしょうか?

 

:a:

以下の手順で図枠を外部参照(アタッチ)させることができます。
図枠をモデルに参照する場合とシート(レイアウト)に参照する場合とで挿入するときの尺度を変更する必要があります。

【モデルにアタッチする場合】

  1. 図枠を挿入したい図面のモデル画面を開きます。

     
  2. 図面をアタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行します。
    Classic表示の場合は下図部分から

     
    リボン表示の場合は下図部分からコマンドを実行することができます。

     
  3. 参照したい図枠データを選択し[開く]ボタンをクリックします。

     
  4. 1/100 の図面を、モデルに 1/1 スケールで作成している場合は、尺度の X と Y に逆数の 100 を入力し[OK]ボタンをクリックします。

モデル画面に図枠を外部参照することができました。

 

【シート(レイアウト)にアタッチする場合】

  1. 図枠を挿入したい図面のモデル画面を開きます。(印刷設定済み)

     
    シート(レイアウト)のビュータイル(ビューポート)で尺度の設定がされています。

     
    印刷設定の用紙サイズもA1サイズで設定されています。

     
  2. 図面をアタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドを実行します。
    Classic表示の場合は下図部分から

     
    リボン表示の場合は下図部分からコマンドを実行することができます。

     
  3. 参照したい図枠データを選択し[開く]ボタンをクリックします。

     
  4. 尺度は 1 のまま[OK]ボタンをクリックします。

シート(レイアウト)画面に図枠を外部参照することができました。

 

検索用キーワード
外部参照 アタッチ 図枠 図面 ATTACHDRAWING ATTACH

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=2112