ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 図面を外部参照すると、まとまって表示され編集できない

図面を外部参照すると、まとまって表示され編集できない

製品名
ARES Commander 2024
ARES Standard 2024
ARES Mechanical 2024

図面をアタッチ[ATTACHDRAWING]コマンドで外図参照したエンティティをクリックすると、すべてのエンティティがまとまって選択され個別にエンティティが指定できません。

外部参照を編集する方法を教えてください。

 

図面を外部参照すると、1つのブロックとして挿入されます。
※例として[外部参照.dwg]に、[1F_平面図.dwg]を外部参照します。

エンティティを変更するには、元図を編集するか、[バインド]した後にブロックを分解してエンティティを変更してください。
※参照元図も変更する場合は、構成部品編集[EDITCOMPONENT]コマンドでも編集できます。

 

【元図を編集する場合】
例として、[1F_平面図.dwg]の「和室」を「洋室」に変更します。

1.元図でエンティティを編集し保存します。

※保存しない場合は[参照]に反映されませんので、必ず保存してください。

2.手順 1 で編集した図面を外部参照している図面を開き、[参照]パレットを表示します。
例として[外部参照.dwg]図面を開きます。

リボン:

クラシック:

3.[参照]パレットが表示されるので、反映させたい[参照ファイル名]上で右クリックし、メニューの「リロード」をクリックします。
例として[1F_平面図.dwg]図面を選択します。

※元図が変更された場合は[参照]パレットに「リロードする必要があります」と表示され、

デフォルトでは、右下にバルーンで変更を通知します。

反映されました。

 

関連FAQ:
外部参照ファイルが変更されたときの通知を表示させるにはどうしたらいいでしょうか?

 

【[バインド]して変更する場合】

1.変更したい外部参照のある図面を開き、[参照]パレットを表示します。
例として[外部参照.dwg]図面の[参照]パレットを表示します。

リボン:

クラシック:

2.[参照]パレットが表示されるので、変更したい[参照ファイル名]上で右クリックし、[バインド]を選択します。

3.[参照を挿入]のダイアログが表示されるので、[バインドタイプ]の「バインド」をクリックし[OK]ボタンを押します。

ブロックとして挿入されます。

4.分解[EXPLODE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

5.コマンドウィンドウに「エンティティを指定」と表示されるので、手順 3 で挿入したブロックをクリックし Enter を押します。

個別にエンティティを選択出来るようになります。

6.変更したいエンティティを選択し、編集します。
例として「和室」を「洋室」に変更します。

変更できました。

関連FAQ:
外部参照データを取り込みたい

 

【[構成部品編集]で元図も変更する場合】

1.変更したい外部参照をダブルクリックします。

2.[構成部品編集]のダイアログが表示されるので、変更したい外部参照を選択し[OK]ボタンをクリックします。
例として[1F_平面図] を選択します。

3.[構成部品編集]エディタに切り替わりますので、変更したいエンティティを選択し編集します。
例として[和室]を[洋室]に変更します。

4.すべて編集出来たら[CLOSECOMPONENT]コマンド、または作図画面上で右クリックしメニューの[構成部品を閉じる]を選択します。
※[SAVECOMPONENT]コマンドでも保存できます。

5.「終了する前に変更をコンポーネント”1F_平面図”に保存しますか?」と表示されるので[保存]ボタンを押します。

変更できました。

参照元図を確認すると、元図データも変更されています。


 

検索キーワード
外部参照 参照 バインド リロード 変更できない 参照パレット アタッチ ATTACHDRAWING 図面

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=20535