ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 開発者向け情報
  6. /
  7. 外部アプリケーションからARESを起動または接続するには

外部アプリケーションからARESを起動または接続するには

製品名
ARES Commander 2019/2020/2022/2023/2024/2025
ARES Standard 2019/2020/2022/2023/2024/2025
ARES Mechanical 2024/2025
(青い星)

外部アプリケーションからARESを起動または接続する方法がしりたい。

 

(青い星)

ARES 2019 から外部アプリケーションからARESを起動または取得する方法が変わりました。

 

準備

この例では Visual Basic. Net で外部アプリケーションを作成し、そこからARESを起動または接続します。

ARES Commander 2020 の場合、[参照を追加]で COM の中から、PCAD_AC_X 4.4 Type Library を選択します。

ARES Commander 2022 の場合、[参照を追加]で COM の中から、PCAD_AC_X 4.5 Type Library を選択します。

ARES Commander 2023 の場合、[参照を追加]で COM の中から、PCAD_AC_X 4.6 Type Library を選択します。

ARES Commander 2024 の場合、[参照を追加]で COM の中から、PCAD_AC_X 23.1 Type Library を選択します。

ARES Commander 2025 の場合、[参照を追加]で COM の中から、PCAD_AC_X 24.7 Type Library を選択します。

注. ARES Commander 2022 の 64ビット版と32ビット版、ARES Standard 2022 の 64ビット版と32ビット版を同一PCにインストールした場合、 COM から起動または接続できるのは、一番最後にインストールしたARES になります。

 

名前空間の省略

VBならImports, C#なら using を使うと、名前空間を省略し、コードを短く記述できます。

Imports PCAD_AC_X
Imports System.Runtime.InteropServices

 

既存のARESを取得するには

Dim app As AcadApplication
app = Marshal.GetActiveObject(“PCAD_AC_X.AcadApplication”)

 

新規にARESを起動するには

Dim app As AcadApplication
app = New PCAD_AC_X.AcadApplication

New を呼び出す度に新しいARESのインスタンスを作成します。

 

ARES 2019 以前の挙動

ARES 2019以前は New 演算子でインスタンスを作成することにより、ARES が起動済みなら既存のARESに接続し、ARESが起動していない場合はARESを起動して接続していました。

Dim app As AcadApplication
app = New PCAD_AC_X.AcadApplication

検索用キーワード
外部アプリケーション 接続 起動

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=121