ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 外部参照を元図の設定を変えずに透明性(透過性)を変更する方法

外部参照を元図の設定を変えずに透明性(透過性)を変更する方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
(青い星)

外部参照をしている図面を印刷したいのですが、外部参照画層の色をもう少し薄く表示させたいです。設定方法を教えてください。


:a:

画層マネージャーの透過性の値を変更すると表示が変わります。
 

  1. 画層マネージャーを表示させます。



    ※外部参照の画層はグレー表示になっています。

  2. 変更したい外部参照画層を選択します。
    ※Shiftキーを押しながら選択するとで複数選択できます。
     

  3. 「透明性」の値を変更します。
    今回は、「50」に変更します。





  4.   シート画面から印刷[PRINT]コマンドを実行します

  5. 印刷のダイアログが表示されますので、「透明性印刷」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。
     


    ※ARES 2020 以前のバージョンでは、ダイアログの表示が異なります。

    【ARES 2020 以前のバージョンの場合】
    「その他のオプション」ボタンをクリックします。



    「透明性印刷」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。



    「OK」ボタンをクリックします。



    透明性が反映されて印刷できました。



検索用キーワード
外部参照 透過性 透明性 印刷 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=2183