ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 寸法の矢印の位置を補助線の内側に表示させる方法

寸法の矢印の位置を補助線の内側に表示させる方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

寸法の矢印の位置を補助線の内側に表示させる方法が知りたいです。
操作方法を教えてください。

 

下記手順で変更できます。

 

1.[プロパティパレット]を表示します。

2.プロパティパレットの[フィット]の[寸法線強制記入]を「オン」にします。

※[オプション]>[作図スタイル]>[寸法]>[フィット]>[その他のオプション]>[補助線の間に寸法線]でも変更できます。
※作成後にプロパティパレットなどで個別に変更した寸法には反映されません。

寸法線が表示されました。

3.プロパティパレットの[フィット]の[文字内側]を「オン」にします。

※[オプション]>[作図スタイル]>[寸法]>[フィット]>[ジオメトリ]>[補助線の内側に寸法文字を保持]でも変更できます。
※作成後にプロパティパレットなどで個別に変更した寸法には反映されません。

寸法値が補助線の内側に表示されました。

4.グリップ上で右クリックし、[矢印反転]をクリックします。

※丸いグリップをクリックしても反転します。

Esc キーをクリックします。

矢印の位置が変更になりました。

 

検索キーワード
寸法 補助線の間に寸法線 寸法線強制記入 文字内側 補助線の内側に寸法文字を保持 矢印 矢印反転 寸法スタイル
 DIMENSIONSTYLE

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=15404