Graebert neXt Japan 2024 イベントのリプレイとビデオコンテンツが公開されました

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 属性ブロックでバルーン付き文字を作成する方法

属性ブロックでバルーン付き文字を作成する方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

属性ブロックを使用して文字を変更出来るバルーン文字を作成したいです。
操作方法を教えてください。

 

下記手順で作成できます。

※[Eスナップ]設定で、[四半円点][中心]を有効にしておきます。
関連FAQ:Eスナップの設定方法

 

1.ブロック属性定義[MAKEBLOCKATTRIBUTE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.ブロック属性定義のダイアログが表示されるので、[表示]の[名前][キャプション][デフォルト値]を入力します。
例として[名前]を「A」、[キャプション]を「バルーン付き文字」、[デフォルト値]を「1」と入力します。

3.[文字設定]の[文字位置合わせ]を[中央]に設定します。

4.[高さ]の値を入力し[OK]ボタンをクリックしダイアログを終了します。
例として[高さ」の値を「50」と入力します。

5.ブロック属性定義が表示されるので、任意点をクリックします。

6.円[CIRCLE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

7.コマンドウィンドウに「中心点を指定」と表示されるので任意点をクリックします。

8.コマンドウィンドウに「半径を指定」と表示されるので、作成したい円の半径の値を入力し Enter を押します。
例として「35」と入力します。

円が作成できました。

9.手順 5で作成したブロック属性定義をクリックし、文字の中央のグリップをクリックします。
※グリップが赤い四角に変更します。

10.手順 8で作成した円の中心に移動します。

11.手順 8で作成した円をクリックします。
※円とブロック属性定義が選択されています。

12.ブロック定義[MAKEBLOCK]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

13.[ブロック定義]のダイアログが表示されるので、[一般]の[名前]を変更します。
例として[名前]を「test」と入力します。

14.[基点]の[グラフィックス領域内で選択]ボタンをクリックし、ブロックの基点をクリックします。
例として円の「四半円点」をクリックします。

15.[OK]ボタンをクリックしてダイアログを終了します。

16.[ブロック属性値を編集]のダイアログが表示されるので、表示したい値を入力し[OK]ボタンをクリックします。
例として「1」と入力します。

[test]の名前のブロックが作成できました。

17.マルチ引出線スタイル[MULTILEADERSTYLE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

18.[マルチ引出線スタイル]のダイアログが表示されるので、作成したいマルチ引出線スタイルを選択し、[内容]をクリックします。
例としてマルチ引出線スタイルを[バルーン付き文字]に変更します。

19.[マルチ引出線 タイプ]の[ブロック]をクリックし、[ブロック名]を手順 16で作成したブロック名を選択し[適用]ボタンをクリックしてから[OK]ボタンをクリックします。
例としてブロック名の[test]を選択します。

20.マルチ引出線[MULTILEADER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

21.コマンドウィンドウに「矢印の点を指定]と表示されるので作成したい任意点をクリックします。

22コマンドウィンドウに「ランディングの場所を指定]と表示されるので、ランディングの場所をクリックします。

23.[ブロック属性値を編集]のダイアログが表示されるので、値を入力し[OK]ボタンをクリックします。
例として「2」と入力します。

作成できました。

※水平のランディングが不要の場合は、マルチ引出線をクリックし「プロパティパレット」の[引出線]の[水平ランディング]を「いいえ」に変更し、キーボードの Esc キーを押します。
関連FAQ:パレット(プロパティや画層マネージャー等)を表示する方法

変更できました。

 

関連FAQ:
丸付き文字[JDX_BALLOO]コマンドを使用してバルーン文字を作成する方法
属性定義を使用してブロックを作成する方法


 

検索キーワード
バルーン付き文字 バルーン ブロック属性定義 MAKEBLOCKATTRIBUTE ブロック定義 MAKEBLOCK マルチ引出線
MULTILEADER マルチ引出線スタイル MULTILEADERSTYLE

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=16331