ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 新規でマルチ引出線を作成すると文字に[角度]や[文字幅]がついて作成されてしまう

新規でマルチ引出線を作成すると文字に[角度]や[文字幅]がついて作成されてしまう

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

新規にマルチ引出線[MULTILEADER]コマンドを実行すると、文字に[角度]や[文字幅]のあるマルチ引出線が作成されてしまいます。
変更する方法を教えてください。

 

アクティブな[マルチ引出線]スタイルで使用されている[注釈]のスタイルで[角度]と[文字幅]などが設定されていると、新規で作成するマルチ引出線で[角度]や[文字幅]などが反映されます。
設定している[注釈]のスタイルを変更してください。

下記手順で変更できます。

 

1.[プロパティパレット]を表示します。

2.変更したいマルチ引出線をクリックし、[プロパティパレット]で[マルチ引出線スタイル]と[文字スタイル]を確認します。
例として[マルチ引出線スタイル]の[test]と

[文字スタイル]の[test]を変更します。

3.マルチ引出線スタイル[MULTILEADERSTYLE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

4.[マルチ引出線スタイル]のダイアログが表示されるので、[スタイル]を手順 2で確認した[マルチ引出線スタイル]の名前を選択します。
例として「test」を選択します。

5.[内容]をクリックし、[注釈]の[文字スタイル]ボタンをクリックします。

6.[文字スタイル]のダイアログが表示されるので、手順 2で確認した[文字スタイル]を選択します。
例として[test]をクリックします。

7.[新規ボタン]をクリックします。

8.[.新規文字スタイルを作成]ダイアログが表示されるので、名前を入力し[OK]ボタンをクリックします。
例として[マルチ引出線用文字]と入力します。

9.手順 8で作成した[スタイル名]を確認し、[方向]の[角度]の値を「0」、[間隔]の値を「1」に変更します。

10.[適用]ボタンをクリックします。

11.[文字]をダブルクリックしてから、[マルチ引出線]をクリックします。

12.[マルチ引出線]の[スタイル]を手順 2で確認した「スタイル名」を選択し、[内容]をクリックします。

13.[注釈]の[スタイル]を手順 8で作成した「スタイル名」を選択します。
例として「マルチ引出線用文字」を選択します。

14.[スタイル名]を確認して、[アクティブ化]ボタンをクリックします。

「スタイル名」の表示が変わります。

15.[適用]ボタンをクリックしてから、[OK]ボタンをクリックします。

16.マルチ引出線[MULTILEADER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

17.コマンドウィンドウに「矢印の点を指定」と表示されるので、矢印の始まりの任意点をクリックします。

18.コマンドウィンドウに「ランディングの場所を指定」と表示されるので、ランディングの場所をクリックします。

19.文字を入力し、[注釈のフォーマット設定]エディタの[注釈を作成]ボタンをクリックします。
例として「test」と入力します。

[角度]や[文字幅]の設定されていないマルチ引出線が作成できました。

 

検索キーワード
マルチ引出線 MULTILEADER マルチ引出線スタイル MULTILEADERSTYLE マルチリーダースタイル 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=16565