ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. オプション(設定)
  6. /
  7. 既存のアクティブな[寸法スタイル]を一時的に設定変更し優先する方法

既存のアクティブな[寸法スタイル]を一時的に設定変更し優先する方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

既存のアクティブな[寸法スタイル]を変えずに、一時的に設定変更し寸法を作成したいです。
操作方法を教えてください。

 

[寸法スタイル]ダイアログの[優先を設定]ボタンから設定できます。

※アクティブな[寸法スタイル]が変更になるまで設定されます。

例として一時的に寸法値の[高さ]を[25]から[50]に変更します。

 

1.寸法スタイル[DIMENSIONSTYLE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.一時的に変更する[寸法スタイル]をアクティブにします。
例として[test]を選択します。

※スタイルの表示が変わります。

3.[優先を設定]ボタンをクリックします。

※手順 2で設定した[寸法スタイル]の後ろに<スタイル優先>と表示されます。

4.変更したい項目を設定します。
例として[文字]>[文字設定]の[高さ]を「25」から「50」に変更します。

[適用]ボタンをクリックしてから[OK]ボタンをクリックします。

5.長さ寸法[LINEARDIMENSION]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

6.コマンドウィンドウに「1本目の補助線を指定」と表示されるので、1本目を指定します。

7.コマンドウィンドウに「2本目の補助線を指定」と表示されるので、2本目を指定します。

※コマンドウィンドウに値を入力しても作成できます。
例として「300」と入力して Enterを押します。

8.「寸法線の位置を指定」と表示されるので、作成したい位置をクリックします。

スタイルは同じ[test]ですが、文字の[高さ]が[50]で作成されます。

 

※終了するには、別の[寸法スタイル]をアクティブに変更。
または、[削除]ボタンをクリックします。

 

[別の[寸法スタイル]をアクティブにして[優先スタイル]を削除する場合]

1.別の[スタイル]を選択します。
例として「Standard」を選択します。

2.[アクティブ化]ボタンをクリックします。

3.「別のアクティブなスタイルを設定すると、スタイルの上書き設定が解除されます。継続しますか?」と表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

スタイルの表示がかわり、「test<スタイル優先>」が削除されました。

 

[「スタイル優先」を[削除]ボタンで削除する場合]

1.削除したい[優先スタイル]を確認して[削除]ボタンをクリックします。

2.「このアクションはスタイルを永続的に削除します。継続しますか?」と表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

元になっていたスタイルがアクティブのまま、[優先スタイル]は削除されます。

[適用]ボタンをクリックしてから[OK]ボタンをクリックしダイアログを終了します。
※[キャンセル]ボタンで閉じてしまうと削除されません。

 

※優先スタイルを、アクティブなスタイルに上書きする場合は、[アクティブなスタイルに保存]ボタンをクリックします。

元になっているアクティブなスタイルに保存されます。

優先スタイルは削除されます。

[適用]ボタンをクリックしてから[OK]ボタンをクリックしダイアログを終了します。

新規に寸法スタイルの「test」で寸法を作成すると、文字高「50」で作成されます。

 

検索キーワード
寸法スタイル DIMENSIONSTYLE 優先を設定 アクティブスタイルに保存 スタイル優先

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=17262