ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 既存のハッチングの表示順序を一括で背面に変更したい

既存のハッチングの表示順序を一括で背面に変更したい

製品名
ARES Commander 2024 SP1
ARES Standard 2024 SP1

複数ある既存ハッチングの表示順序を一括で背面に変更したいです。
操作方法を教えてください。

 

ARES 2024 SP1から[HATCHTOBACK]コマンドが使用できるようになりました。
コマンドを実行すると、既存のハッチングが一括で背面へ移動します。

例として前面に水色の「ハッチング」が 7 個表示され、

背面に「注釈」文字が 7 個表示されている図面データを使用します。

[HATCHTOBACK]コマンドを実行します。
※ハッチングエンティティを選択しなくても、すべて変更されます。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

変更されました。

※また、文字を一括で前面に表示させる場合は、[TEXTTOFRONT]コマンドを実行します。

1.[TEXTTOFRONT]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

※コマンド入力の場合は手順 2 へ進んでください。

2.コマンドウィンドウに「オプションを指定」と表示されるので、オプションを選択し Enter を押します。
例として「文字(T)」の「T」と入力します。

「注釈」文字が前面に表示できました。

 

関連 FAQ:既存の文字などの注釈エンティティの表示順序を一括で前面に移動したい

 

検索キーワード
HATCHTOBACK ハッチングを背面に移動 TEXTTOFRONT 文字を前面に移動 表示順序

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=24534