ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 既存ブロックを[要素セット]の[円形状ストレッチペア]で[カスタムブロック]に変更する方法

既存ブロックを[要素セット]の[円形状ストレッチペア]で[カスタムブロック]に変更する方法

製品名
ARES Commander 2024
ARES Mechanical 2024

既存ブロックを[要素セット]の[円形状ストレッチペア]で[カスタムブロック]に変更する方法が知りたいです。
操作方法を教えてください。

 

「要素セット」は[カスタムブロック]を作成する時に必要な[要素]と[アクティビティ]の組み合わせを定義したものです。
※一度に両方を設定できます。
[円形状ストレッチペア]は、2つのグリップポイントがあり、各グリップポイントにストレッチアクティビティがリンクされた線形要素を追加します。

下記手順で作成できます。

例として、ブロック名「test」を使用します。

 

1.変更したいブロックをダブルクリックします。
例としてブロック名「test」を選択します。

※または、ブロックを選択した後に右クリックし、メニューの[ブロック編集]をクリックします。

2.[ブロック編集]エディタが表示されるので、[要素]メニューの[基点]をクリックします。
※[基点]に[アクティビティ]はありません。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

3.コマンドウィンドウに「要素位置を指定」と表示されるので、移動の基点を指定します。

4.[要素セット]メニューの[円形状ストレッチペア]をクリックします。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

5.コマンドウィンドウに「始点を指定」と表示されるので、始点をクリックします。

6.コマンドウィンドウに「終点を指定」と表示されるので、終点を指定します。

7.コマンドウィンドウに「ラベル位置を指定」と表示されるので、ブロックエンティティに重ならない任意点をクリックします。

グリップが2つ表示され、

感嘆符「!(エクスクラメーションマーク)」のあるアイコンが2つ表示されます。

※正常に設定が完了すると、感嘆符は表示されなくなります。

8.アイコン上にカーソルを合わせます。
※対象のグリップに「 × 」印が表示されます。

9.アイコン上で右クリックし、[アクティビティ選択セット]の「新規選択セット」をクリックします。

10.コマンドウィンドウに「ストレッチフレームの 1 つ目のコーナーを指定」と表示されるので、1つ目のコーナーをクリックします。

11.コマンドウィンドウに「ストレッチフレームの 2 つ目のコーナーを指定」と表示されるので、2 つ目のコーナーをクリックします。

12.コマンドウィンドウに「ストレッチするエンティティを指定」と表示されるので、手順 11 で設定した「ストレッチフレーム」の内側を指定し Enter を押します。

※アイコンの感嘆符「!(エクスクラメーションマーク)」が表示されなくなりました。

13.手順 12 で設定したアイコンとは別のアイコンにカーソルを合わせて右クリックし、[アクティビティ選択セット]の「新規選択セット」をクリックします。

14.コマンドウィンドウに「ストレッチフレームの 1 つ目のコーナーを指定」と表示されるので、1つ目のコーナーをクリックします。

15.コマンドウィンドウに「ストレッチフレームの 2 つ目のコーナーを指定」と表示されるので、2 つ目のコーナーをクリックします。

16.コマンドウィンドウに「ストレッチするエンティティを指定」と表示されるので、手順 15 で設定した「ストレッチフレーム」の内側を指定し Enter を押します

※すべてのアイコンの感嘆符「!(エクスクラメーションマーク)」が表示されなくなりました。

※保存前にカスタムブロックの動作を確認するには、ブロックをテスト[CBTESTBLOCK]コマンドを実行してください。
関連 FAQ:[カスタムブロック]を作成中、動作が思ったように設定できているかを確認したい

17.正常に指定できたら[CBCLOSE]コマンドを実行し、[ブロック編集]エディタを終了します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

エディタ上で右クリックし、メニューの[閉じる]を選択しても終了できます。

18.[ブロックエディタ]ダイアログに「終了する前に変更をブロックに保存しますか?」と表示されるので、[保存]ボタンをクリックします。

作成できました。

右側:

左側:

※指定した値の角度と距離のメモリが表示されます。
例の場合は、角度が「90」度、距離が「1000」ミリ毎にメモリが表示されます。

グリップをクリックし、変更したいメモリの位置までカーソルを動かしていくとブロックが表示されます。
ブロックが表示されたら任意点をクリックすると設定した値で作成できます。
関連 FAQ:既存ブロックを[要素セット]の[円形状移動]で[カスタムブロック]に変更する方法

 

関連 FAQ:
CBCONVERT コマンドが使用できない
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(尺度変更の機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(連続複写[パターン複写]機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(連続複写[XYパターン]機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(ミラー機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(ストレッチ機能を付加)
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法①
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法②
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(表示機能を付加)
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(位置合わせ機能を付加)
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(回転機能を付加)
円形状ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法
既存ブロックを[要素セット]の[ミラーセット]で[カスタムブロック]に変更する方法
既存のブロックを[要素セット]の[線形パターン]で[カスタムブロック]に変更したい
既存のブロックを[要素セット]の[線形ストレッチペア]で[カスタムブロック]に変更したい

 

検索キーワード
カスタムブロック ブロック編集 ブロックエディタ 要素 アクティビティ ! びっくりマーク 感嘆符 CBELEMENT CBACTIVITYTOOL BLOCK 円形状ストレッチ エクスクラメーションマーク ダイナミックブロック 要素セット 円形状 ストレッチ ペア

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=23667