ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 画層表示を反転[JDX_LAYERFLIP]コマンドの操作方法

画層表示を反転[JDX_LAYERFLIP]コマンドの操作方法

製品名
ARES Commander 2024
ARES Standard 2024
ARES Mechanical 2024

画層表示を反転[JDX_LAYERFLIP]コマンドの操作方法を教えてください。

 

画層表示を反転[JDX_LAYERFLIP]コマンドは、現在表示されている画層を非表示にし、非表示画層を表示します。
※フリーズ画層は表示されません。
[JDX_LAYERFLIP]コマンドを使用するには、[JTools]をインストールする必要があります。

関連 FAQ:ARES 2024 用 JTools 各種ツール インストールガイド

画層表示を反転のコマンドは[JDX_LAYERFLIP]と[Q]で定義されています。
[Q]は[JDX_LAYERFLIP]コマンドの別名ではありません。
その為、JTools をインストールしている場合は、別名「Q」をコマンドに割り当てることは出来ません。
[JTools ]をインストールしていない場合は、[Q]でクイック修正[ QUICKMODIFY]コマンドが実行されます。

 

例として図面名「1F_平面図.dwg」の「文字」画層を非表示にします。

画層「文字」:

 

1.画層表示を反転[JDX_LAYERFLIP]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

非表示画層が表示されました。

※コマンドを実行する毎に表示非表示が切り替わります。

 

関連 FAQ:
AutoCADのプログラムパラメータの編集にあたる機能がARESにありますか?

 

検索キーワード
Q JDX_LAYERFLIP 画層表示を反転 画層 非表示 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=29009