Graebert neXt Japan 2024 イベントのリプレイとビデオコンテンツが公開されました

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. サポート情報
  6. /
  7. 線の太さが印刷すると太くなってしまう

線の太さが印刷すると太くなってしまう

製品名
ARES Commander 2022/2023/2024/2025
ARES Standard 2022/2023/2024/2025
ARES Mechanical 2022/2023/2024
(青い星)

モデル画面やシート画面では線が細いのに、印刷すると太くなってしまいます。
どうしてでしょうか?
 

【モデル画面】
 


 

【印刷プレビュー】
 


 
:a:

作図するにあたり、線幅表示をしていると作業しにくいことがあるので「線幅」表示がOFFになっていたのだと考えられます。
モデル画面とシート画面で線幅を表示させるには[ステータスバー]の「線幅」をONにします。
 


 

「線幅」をONにすると下図のような表示になります。
 


 

また、線幅は印刷に反映するかしないかを選択することができます。
[印刷]ダイアログの「割り当てられた線幅を使用」のチェックを外して印刷プレビューを見ると線幅が反映されていません。
 


 

 

線幅が原因でない場合は、印刷スタイルに線幅が設定されている可能性があります。印刷スタイルについてはこちらのFAQをご覧ください。

印刷プレビューとモデルやシートの表示が違うのはどうしてですか?
 

検索用キーワード
線 太さ 線幅 印刷 印刷プレビュー

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=1608