ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. オプション(設定)
  6. /
  7. 自動バックアップファイルの保存場所が知りたい

自動バックアップファイルの保存場所が知りたい

製品名
ARES Commander 2022
ARES Standard 2022
(青い星)

自動バックアップファイルの保存場所が知りたいです。

 

(青い星)

自動バックアップファイルの保存場所を表示する方法は二通りあります。
①JTools をインストールしている場合は、JTools の[自動保存ファイル管理]コマンドを使用して開く。
②オプションから保存場所を検索して表示する。

【①JTools を使用して自動バックアップファイルの保存場所のフォルダーを開く】

  1. Classic表示の場合
    [JTools]>[その他]>[自動保存ファイル管理]をクリックします。


     
    リボン表示の場合
    [JTools]>[全般]>[自動保存ファイル管理]をクリックします。


       
  2. 自動バックアップファイルの保存場所のフォルダーが開き、データが入っているのが確認出来ます。
    このデータを使用できるようにするには拡張子の .ds$ を .dwg に変更します。

自動バックアップファイルからデータを復旧させたい場合には JTools の[自動保存ファイルを復元]コマンドを使うと簡単に復旧させることができます。
下記FAQに詳細が載っていますのでご覧ください。
自動保存ファイルを開きたい

【②オプションから保存場所を表示する】

  1. [オプション]ダイアログを表示します。
  2. [システムオプション]>[自動保存/バックアップ]>[自動ファイル保存の位置]をクリックすると保存場所のパスが表示されます。

     

JToolsを使用しないで保存場所を開きたい場合は以下の方法で開くことができます。

  1. [参照]ボタンをクリックします。


       
  2. オプションダイアログで表示されていた場所が参照されます。
    ★注意★この時点では場所を参照しているだけなので保存されているデータは表示されていません。


       
  3. アドレスバーのパスをコピーします。


       
  4. Windowsのエクスプローラーを開き、コピーしたパスを貼り付けます。


       
  5. パスを貼り付けたら Enter を押します。
    自動保存されたデータが表示されます。

     

このデータを使用できるようにするには拡張子の .ds$ を .dwg に変更します。

 

検索用キーワード
自動保存 自動バックアップ バックアップ ファイルの場所 保存場所 バックアップデータ

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=2586