ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. オプション(設定)
  6. /
  7. 違う図面から「点」を複写して貼り付けると「点」の尺度が違って表示される

違う図面から「点」を複写して貼り付けると「点」の尺度が違って表示される

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

違う図面から「点」を複写して貼り付けると点の尺度が違って表示されます。
設定を変更する方法を教えてください。

 

オプションの[点]の[サイズ]で「%ディスプレイに対して相対表示」を選択していると、マウスホイールなどで「拡大」や「縮小」した際のディスプレイのサイズに合わせて点が表示されます。

ディスプレイの表示サイズを変更する毎に、再構築[REBUILD]コマンドを実行するとサイズが変更になります。

「拡大」や「縮小」によってサイズを変更しないようにするには、オプションの[点]の[サイズ]で「絶対単位」にしてください。

 

1.[オプション]ダイアログを表示します。

2.[作図設定]>[点]>[サイズ]を「絶対単位」に変更します。

3.[適用]ボタンをクリックしてから[OK]ボタンをクリックします。

「拡大」や「縮小」などでディスプレイの表示サイズを変更しても「点」サイズは変わらず、再構築[REBUILD]コマンドを実行してもサイズは変わりません。

 

検索キーワード
点 スタイル ディスプレイに対して相対表示 絶対表示 尺度 違う POINT 追加




短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=14387