ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 雲マークの作成方法

雲マークの作成方法

製品名
ARES Commander 2022
ARES Standard 2022
:regional_indicator_q:

雲マークの作成方法を知りたいです。

 

:a:

雲マーク作成のコマンドは CLOUD になります。

  • Classicの場合

     
  • Drafting and Annotationの場合

基本的なプロセスが判り易い為、今回は[設定]から作成します。
※[矩形状]、[楕円]、[フリーハンド]、[エンティティ]は、(注1)参照

  1. [設定]を選択します。ダイアログが表示されます。
  2. [シェイプオプション]で雲マークの基本的な形状を選択します。
    今回は[矩形状]をクリックします。

     
  3. [半径]で円弧の半径の大きさを指定します。

     
  4. [画層]で雲マークを作成する画層を選択します。

     
  5. [プロパティ優先]で、[線種]など、指定した画層の設定に準じるか、設定を変更することが出来ます。

     
  6. 設定が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。
    ダイアログが消えて、[最初のコーナーを指定]と表示されますので、1点目をクリックします。

     
  7. [反対側のコーナーを指定]と表示されますので、対角の点をクリックします。

     
  8. 雲マークが作成されます。

(注1)[矩形状]、[楕円]、[フリーハンド]を選択した場合は、設定のダイアログが表示されません。 

作成後、設定を変更する場合は、[プロパティパレット]にて行います。

[エンティティ]を選択した場合は、既に作成されているポリラインを雲マークに変更することが出来ます。

 

検索用キーワード
雲マーク CLOUD 円弧

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=2109