ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 面取り[CHAMFER]コマンドの操作方法

面取り[CHAMFER]コマンドの操作方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

面取り[CHAMFER]コマンドの操作方法を教えてください。

 

下記手順で作成できます。

 

【オプションの[距離]を指定する場合】

1.面取り[CHAMFER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「距離(D)」の「D」と入力し Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「最初の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

4.コマンドウィンドウに「2つ目の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

5.「1つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい1つ目の線をクリックします。

6.「2つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の線をクリックします。

作成できました。

 

【オプションの[角度]を指定する場合】

1.面取り[CHAMFER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「角度(A)」の「A」と入力し Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「1つ目の線の長さを指定」と表示されるので、長さの値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

4.コマンドウィンドウに「1つ目の線から角度を指定」と表示されるので、面取りする角度の値を入力し Enter を押します。
例として「45」と入力します。

5.「1つ目の線を指定」を表示されるので、面取りしたい1つ目の線をクリックします。

6.「2つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の線をクリックします。

作成できました。

 

【オプションの[複数]を指定する場合】

1.面取り[CHAMFER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「距離(D)」の「D」と入力し Enter を押します。

※[角度(A)]コマンドからも作成できます。

3.コマンドウィンドウに「最初の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

4.コマンドウィンドウに「2つ目の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

4.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「複数(M)」の「m」と入力し Enter を押します。

5.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい1つ目の線をクリックします。

6.「2つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の線をクリックします。

7.「1つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい1つ目の線をクリックします。

8.「2つ目の線を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の線をクリックします。

9.面取りしたい全ての線(エンティティ)を選択出来たら、Enter を押してコマンドを終了します。

作成できました。

※オプションの「複数(M)」コマンド実行中のみオプションの「元に戻す(U)」コマンドが実行できます。
コマンドウィンドウにオプション「元に戻す(U)」の「U」と入力し Enter を押します。

元に戻りました。

 コマンドは続いるので、引き続き面取りできます。

終了するには Enter を押します。

 

【オプションの[ポリライン(P)]を指定する場合】

1.面取り[CHAMFER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「距離(D)」の「D」と入力し Enter を押します。

※[角度(A)]コマンドからも作成できます。

3.コマンドウィンドウに「最初の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

4.コマンドウィンドウに「2つ目の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

5.「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「ポリライン(P)」の「P」と入力し Enter を押します。

6.「ポリラインを指定」と表示されるので、面取りしたいポリラインをクリックします。

4つのコーナーが面取りされました。

 

【オプションの[トリムモード(T)]を指定する場合】

※[角度(A)]コマンドからも作成できます。

1.面取り[CHAMFER]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

2.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「トリムモード(T)」の「T」と入力し Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「オプション指定]と表示されるので、「非トリム(T)」の「N」と入力し Enter を押します。

4.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「距離(D)」の「D」と入力し Enter を押します。

5.コマンドウィンドウに「最初の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

6.コマンドウィンドウに「2つ目の距離を指定」と表示されるので、面取りしたい2つ目の幅の値を入力し Enter を押します。
例として「20」と入力します。

7.コマンドウィンドウに「1つ目の線を指定」と表示されるので、オプションの「ポリライン(P)」の「P」と入力し Enter を押します。

8.コマンドウィンドウに「ポリラインを指定」と表示されるので、ポリラインをクリックします。

元の図形がトリムされずに、面取りできました。

 

検索キーワード
面取り CHAMFER 複数

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=15655