ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. [DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンドを実行して、作図範囲を指定する方法

[DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンドを実行して、作図範囲を指定する方法

製品名
ARES Commander 2023
ARES Standard 2023
ARES Mechanical 2023

[DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンドを実行して、作図範囲を指定する方法が知りたいです。
操作方法を教えてください。

 

下記手順で作成できます。
例として、A3(420 × 297) 1/1 の範囲を指定します。

 

1.ステータスバーの[グリッド]上で右クリックし、設定をクリックします。

2.「グリットを有効」にチェックを入れ、間隔などの値を変更し、[適用]ボタンをクリックしてから、[OK]ボタンをクリックします。
例として間隔の値を「10」の矩形状とします。

3.[DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンドを実行します。

4.コマンドウィンドウに「左下のコーナー点」と表示されるので、左下のコーナーをクリックします。

5.コマンドウィンドウに「右上のコーナーを指定」と表示されるので、右上のコーナーをクリックします。

6.[DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンドを実行します。

7.コマンドウィンドウにオプションの「オン(ON)」の「ON」と入力し Enter を押します。

8.「GRIDDISPLAY]コマンドを実行します。

9.コマンドウィンドウに「GRIDDISPLAY の新しい値を入力」と表示されるので、「0」と入力し Enter を押します。

作図範囲だけグリッド表示になりました。

※[DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンド「オン(ON)」の設定にすると、作図範囲外に作図が出来なくなります。
作業範囲外をクリックすると、コマンドウィンドウに「図面範囲の外側です」と表示され作図できません。

 

【作図範囲を解除する方法】

1.[DRAWINGBOUNDS(LIMITS)]コマンドを実行し Enter をクリックします。

2.コマンドウィンドウに、オプションの「オフ(OF)」の「OF」と入力し Enter を押します。

範囲外にも作図できるようになりました。

 

検索キーワード
DRAWINGBOUNDS LIMITS GRIDDISPLAY 図面範囲の外側です グリッド 図面境界 境界

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=12385