ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 開発者向け情報
  6. /
  7. [Startup.lsp]にCommand関数を使用した場合の注意点

[Startup.lsp]にCommand関数を使用した場合の注意点

製品名
ARES Commander 2023/2024/2025
ARES Standard 2023/2024/2025
ARES Mechanical 2023/2024/2025

[Startup.lsp]で Command 関数を使用したところ、ARES が正しく動作しなくなりました。

原因は何でしょうか?

[Startup.lsp]は、図面が初期化される前にメモリーにロードされますが、command 関数を使用すると、図面が初期化されたあとの動作が正しくおこなわれなくなる場合があります。

そのため、command 関数を使用するときは、S::STARTUP 関数の中で行う必要があります。

 

例.

(defun S::STARTUP ( )

(princ “\nLoading Startup.lsp… “)

;;; Please add your code here.

(command “LOADAPPLICATION” “C:\lisp\test01.lsp”)

)

(princ “OK.\n”)

検索キーワード
Startup.lsp lsp

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=14125