ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. ストレッチを付加した[カスタムブロック]で、一覧(テーブル)を表示して数値を指定する方法

ストレッチを付加した[カスタムブロック]で、一覧(テーブル)を表示して数値を指定する方法

製品名
ARES Commander 2024/2025
ARES Mechanical 2024

ストレッチを付加した[カスタムブロック]で、一覧(テーブル)を表示して数値を指定しストレッチする方法が知りたいです。
操作方法を教えてください。

ストレッチを付加した[カスタムブロック]に、新たに[要素]と[アクティビティ]の[テーブル]を付加すると作成できます。

下記手順で作成できます。
例として、カスタムブロック名「ボルト」を使用します。

 

1.変更したい既存のカスタムブロックを選択しダブルクリックします。
例としてブロック名「ボルト」を選択します。

※または、ブロックを選択した後に右クリックし、メニューの[ブロック編集]をクリックします。

2.[ブロックエディタ]が表示されるので、[要素]の「テーブル」を選択します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

3.コマンドウィンドウに「要素位置を指定」と表示されるので、要素を表示する位置をクリックします。

4.コマンドウィンドウに「グリップ数を指定」と表示されるので、グリップ数の値を入力し Enter を押します。
例として「1」と入力します。

5.[アクティビティ]の[テーブル]をクリックします。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

6.コマンドウィンドウに「要素を指定してください」と表示されるので、手順 4 で作成した要素をクリックします。
例として「テーブル 1」をクリックします。

7[プロパティ値テーブル]エディタが表示されるので、[アクティビティ名]を変更します。
例として[テーブル_test]と入力します。

8.[プロパティを追加]ボタンをクリックします。

9.[エレメントプロパティを追加]ダイアログが表示されるので、パネルの[線形]をクリックし [OK]ボタンをクリックします。

10.[距離(D)1]に変更したい値を入力し、[テーブル1状態]にテーブルに表示される文字を入力します。
※[距離(D)1]に入力した値は、実際に伸縮する距離となります。
※[プロパティ]の[値セット]の[リスト]で増加させる数値を設定していると、プルダウンでその値が表示されます。

※[値セット]で[増分]や[なし]を設定している場合は、プルダウンで値は表示されないので任意の値を入力します。
例:[距離(D)1]に「100」、[テーブル1状態]に「最小値:100」と入力すると、

[テーブル]に「最小値:100」と表示されます。

[最小値:100]をクリックすると伸縮します。

11.すべての値を入力出来たら、[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

※[要素]と「[アクティビティ]が正常に指定されると、黄色い「!(エクスクラメーションマーク)」の表示が消え、指定した[アクティビティ]のアイコンが表示されます。

※保存前にカスタムブロックの動作を確認するには、ブロックをテスト[CBTESTBLOCK]コマンドを実行してください。
関連 FAQ:[カスタムブロック]を作成中、動作が思ったように設定できているかを確認したい
※[ブロック編集]エディタで下向きの三角形を選択し、表示されたグリップをつかんで移動させることでテーブルの位置を移動することが出来ます。

※ブロックテスト[CBTESTBLOCK]コマンドを実行し確認すると、テーブルの位置が変わっています。

12.正常に指定でき、黄色い「!(エクスクラメーションマーク)」が表示されなくなったら[CBCLOSE]コマンドを実行し、[ブロック編集]エディタを終了します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

エディタ上で右クリックし、メニューの[閉じる]を選択しても終了できます。

13.[ブロックエディタ]ダイアログに「終了する前に変更をブロックに保存しますか?」と表示されるので、[保存]ボタンをクリックします。

作成できました。

手順 4 で作成した下向きの三角形をクリックすると[テーブル]が表示されます。

※チェックが入っている名称の値になっています。

[テーブル]の名称をクリックすると、設定した値に変更になります。
例として「最大値:200」をクリックします。

「200」に変更されました。

 

関連 FAQ:
CBCONVERT コマンドが使用できない
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(尺度変更の機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(連続複写[パターン複写]機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(連続複写[XYパターン]機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(ミラー機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(ストレッチ機能を付加)
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法①
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法②
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(表示機能を付加)
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(位置合わせ機能を付加)
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(回転機能を付加)

 

検索キーワード
カスタムブロック ブロック編集 ブロックエディタ 要素 アクティビティ ! びっくりマーク 感嘆符 CBELEMENT CBACTIVITYTOOL BLOCK ストレッチ テーブル エクスクラメーションマーク ダイナミックブロック

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=21731