Graebert neXt Japan 2024 イベントのリプレイとビデオコンテンツが公開されました

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 外部参照のパスタイプの「パスなし」「フル」「相対」の違いはなんですか?

外部参照のパスタイプの「パスなし」「フル」「相対」の違いはなんですか?

製品名
ARES Commander 2023/2024/2025
ARES Standard 2023/2024/2025
ARES Mechanical 2023/2024

外部参照のパスタイプ「パスなし」「フル」「相対」の違いはなんですか?

 

パスタイプとは、図面へのパス(ファイルのある場所までの経路)の表示方法を指定します。

関連FAQ:
図枠を外部参照(アタッチ)させる方法
外部参照の参照タイプ[アタッチ]と[オーバーレイ]の違いは何ですか

 

※例として、デスクトップ上の[B 図面]フォルダの中の[B 図面.dwg]ファイルをデスクトップ上の[test]フォルダの中の[A 図面.dwg]に参照します。

[A 図面.dwg]

[B 図面.dwg]

 

【フル(絶対パス)】:ドライブ名からファイル名までの全てのパスが表示されます。

保存されたパスは、[C:\Users\ユーザー名\Desktop\B図面\B図面.dwg]となります。

 

【相対(Relative)】: 図面への相対パスを表示します。
※[A 図面.dwg]に[B 図面.dwg]を参照している場合は、[A 図面.dwg]からみた[B 図面.dwg]の場所が「相対パス」になります。

保存されたパスは、[\B 図面\B 図面.dwg]となります。

※両方の図面が同じフォルダにある場合、図面のファイル名のみが表示されます。
例:[B 図面.dwg]が[A 図面.dwg]と同じ[test]フォルダにある場合

保存されたパスは、[\B 図面.dwg]となります。

 

【パスなし(None)】: ファイル名のみ表示します。

保存されたパスは、[B 図面.dwg]となります。

※【パスなし】で設定した場合、[A 図面.dwg ]を開いた際に、外部参照データを [B 図面.dwg] という名前で検索することになります。
検索の場所は「[A 図面.dwg] が入っているフォルダ内」か「サポートファイルの検索パス」に設定しているファイル内になります。


その為、[A 図面.dwg] と同じフォルダ内に[B 図面.dwg] を置くか、
[B 図面.dwg] の保存場所を「サポートファイルの検索パス」を追加しなければ参照が外れてしまいます。

※[リロード]を実行しても表示されません。

 

「サポートファイルの検索パス」を追加するには[新規]ボタンをクリックして設定します。

[フォルダの参照]のダイアログが表示されるので、追加したい参照のフォルダー名を選択し[フォルダーの選択]ボタンをクリックします。
例として[B 図面]を選択します。

追加されました。

「サポートファイルの検索パス」に追加した場合は、参照を「リロード」で表示されます。

表示されました。

※ただし、他の方に図面をお渡しする場合は、「サポートファイルの検索パス」にフォルダ名が存在しない為、参照が外れてしまい「リロード」では表示できません。
表示させるには、保存場所を再度設定します。
関連FAQ:外部参照が表示されなくなってしまった

また、検索の順番は、「A図面.dwg」と同じフォルダ →「サポートファイルの検索パス」の上から順番になります。

検索の順番は、[上に移動]ボタン、もしくは[下に移動]ボタンで変更することが出来ます。


※他の方に図面をお渡しする場合は、参照図面を同じフォルダに入れていただくことをお勧めします。

 

関連FAQ:CADデータを人に渡すときに外部参照や印刷スタイルもひとまとめにして渡す方法はありますか?

 

検索キーワード
外部参照 参照 パス パスなし 相対 絶対 フル パスタイプ サポートファイルの検索パス オプション 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=18063