ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. [カスタムブロック]を作成中、動作が思ったように設定できているかを確認したい

[カスタムブロック]を作成中、動作が思ったように設定できているかを確認したい

製品名
ARES Commander 2024/2025
ARES Mechanical 2024

[カスタムブロック]を作成中、動作が思ったように設定できているかを確認する方法が知りたいです。
操作方法を教えてください。

 

ブロックをテスト[CBTESTBLOCK]コマンドで、[ブロックエディタ]を終了せずにカスタムブロック定義をいつでもテストできます。
例として[カスタムブロック_ミラー.dwg]のブロック名「ドア」を使用します。


 

1.[カスタムブロック]を作成中に、[ブロックエディタ]内でブロックをテスト[CBTESTBLOCK]コマンドを実行します。
例として「ドア」ブロックをテストします。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

作成中の[カスタムブロック]が[テストウィンドウ]に表示されます。

2.グリップをクリックして動作を確認します。

[未ミラー:反転していない状態]

[ミラー済み:反転している状態]

または、[プロパティ]パレットの[カスタム]の[ミラー状態1]で確認できます。
※[アクティビティ]が[ミラー]の場合。

3.動作確認を終了するには、[CBTESTCLOSE]コマンドを実行します。
※メニュー表示の場合はコマンドを入力してください。

コマンド:

リボン:

[テストウィンドウ]が終了し、作成中のエディタに戻ります。

4.作成できていたら、[CBCLOSE]コマンドを実行しエディタを終了します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

エディタ上で右クリックし、メニューの[閉じる]を選択しても終了できます。

5.[ブロックエディタ]のダイアログに「終了する前に変更をブロックに保存しますか?」と表示されるので、[保存]ボタンをクリックします。

作成できました。

 

関連 FAQ:
CBCONVERT コマンドが使用できない
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(尺度変更の機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(連続複写[パターン複写]機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(連続複写[XYパターン]機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(ミラー機能を付加)
既存ブロックを[カスタムブロック]に変更したい(ストレッチ機能を付加)
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法①
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で数値を指定してストレッチする方法②
ストレッチを付加した[カスタムブロック]で、一覧(テーブル)を表示して数値を指定する方法
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(表示機能を付加)
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(位置合わせ機能を付加)
既存のブロックを[カスタムブロック]に変更したい(回転機能を付加)


 

検索キーワード
ブロックをテスト CBTESTBLOCK CBTESTCLOSE カスタムブロック ブロック BLOCK プレビュー 確認 試す CBCLOSE ダイナミックブロック

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=17468