ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. 3D 回転[ROTATE3D]コマンドで回転角度をオプションの[参照]を指定して作成する方法

3D 回転[ROTATE3D]コマンドで回転角度をオプションの[参照]を指定して作成する方法

製品名
ARES Commander 2024
ARES Mechanical 2024

3D 回転[ROTATE3D]コマンドで回転角度をオプションの[参照]を指定して作成する方法を教えてください。

  

下記手順で作成できます。


例としてオプションの[参照]で「赤色」のエッジを「緑色」のエンティティに合わせます。

 

※ワークスペースを「3Dモデリング」に変更すると[ホーム]タブに[モデリング]や[ソリッド編集]などのパネルが表示され使用するコマンドが実行しやすくなります。

 

1.3D 回転[ROTATE3D]コマンドを実行します。

コマンド:

3D モデリング:

2.コマンドウィンドウに「回転するエンティティを指定」を表示されるので、回転させるエンティティを指定し Enter を押します。

3.コマンドウィンドウに「通過点を使用して最初の軸を指定、あるいはエンティティをピックして指定」と表示されるので軸の1点目をクリックします。

4.コマンドウィンドウに「通過点を使用して2つ目の軸を指定」と表示されるので、2点目をクリックします。

5.コマンドウィンドウに「角度を指定」と表示されるので、オプションの[参照(R)」の「R」と入力し Enter を押します。

6.コマンドウィンドウに「参照角度を指定」と表示されるので、1点目をクリックします。

7.コマンドウィンドウに「参照角度を指定:2つ目の点を指定」と表示されるので、2点目をクリックします。

8.コマンドウィンドウに「角度を指定」と表示されるので、合わせたいエンティティの一点目をクリックします。

9.コマンドウィンドウに「角度を指定:2つ目の点を指定」と表示されるので、2点目をクリックします。

回転できました。

※コマンド実行中にファンクションキーの[ F1 ]キーを押すとヘルプ画面が表示されます。

 

関連 FAQ:
2D の四角形から面取直方体を作成する方法
3D ソリッドを回転する方法

検索キーワード
3D 回転 ROTATE3D 3Dソリッド 

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=29574