ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 製品について
  6. /
  7. AutoCADとARESの違いはなんですか?

AutoCADとARESの違いはなんですか?

AutoCAD とARESの違いはなんですか?

ARESは、AutoCAD と同等の機能を備えた汎用CADソフトです。DWGに対応し、なおかつ、コストパフォーマンスに優れています。
ARESを提供するGraebert社は、1977年にドイツ・ベルリンで創業。1994年には、世界に先駆けてAutoCADの代替ソフトをリリースしています。

Graebert社のARESの特長は、AutoCADと互換性のある他社製品、IntelliCAD、BricsCADの歴史と比較すると一目瞭然です。
IntelliCADは、プログラムソースをアメリカの非営利団体(ITC)が管理するソフトウエアで、1998年に市場に投入されました。BricsCADは、2002年にベルギーの企業が創業し、当初は、IntelliCADをベースにスタートしましたが、後にオリジナルのCAD製品を開発していきます。
一方、Graebert社は1977年に創業後、1983年に世界で最初のAutoCADリセラー(販売店)となり、さらに1994年には世界初のAutoCADの代替ソフト(当時のブランド名はFelixCAD)をリリースしています。

その後、ブランド名をARESに変更後、次々と機能をアップデートしています。さらに、業界に先駆けてモバイルやクラウドで活用できる技術を搭載し、革新的なCADソリューションを提供し続けています。

国内にも、多くのユーザー企業が存在します。なかでも、ゼネコントップ5のうち3社がARESのエンタープライズ版を活用している点は、注目に値します。韓国ではLG、現代、サムスンが、そのほかの国でも、PTC Onshape、Dassault Systèmes(Corel)、Corel(CorelCAD)などで世界に冠たるグローバル企業がARESを活用しています。
2023年現在、ARESは、世界中に800万人のユーザーがいます。この数字は、AutoCADに次いで、世界第2位の市場を形成していることを意味しています。

ARESは、どこの国の製品ですか? グループ企業にロシアの企業はありますか?

Graebert社は1977年にドイツ・ベルリンで創業しました。ロシアに母体や関連企業があったことは一度もありません。

当社の詳しい歴史はこちらをご覧ください。

https://graebert.com/ja/company

検索キーワード
 DWG互換CAD

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=13832