ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. 操作
  6. /
  7. AutoCAD の「画層状態管理」は ARES ではどこで使用できますか

AutoCAD の「画層状態管理」は ARES ではどこで使用できますか

製品名
ARES Commander 2023/2024/2025
ARES Standard 2023/2024/2025
ARES Mechanical 2023/2024

AutoCAD の「画層状態管理」は ARES ではどこで使用できますか?

 

「画層マネージャーパレット」の「画層状態」ボタンをクリックすると「画層状態マネージャー」ダイアログが表示されます。
この機能が AutoCAD の「画層状態管理」に当たります。

 

1.「画層マネージャーパレット」を表示します。

2.画層状態[LAYERSTATE]コマンドを実行します。

コマンドの実行方法
リボン

メニュー

3.「画層状態マネージャー」ダイアログが表示されるので、[追加]ボタンをクリックします。

4.「名前」を変更し、[アクティベーション]ボタンをクリックします。
例として名前を「test」と入力します。

5.アクティブ画層状態が「test」に変更されていることを確認し、[閉じる]ボタンをクリックします。

手順 2の画層状態[LAYERSTATE]コマンドまたはプルダウンメニューから「アクティブ画層状態」を変更できます。

変更できました。

 

検索キーワード
未保存の画層状態 画層状態管理 画層マネージャー アクティブ画層状態 LAYERSTATE

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=12456