ARES オンライン 講座スタート!

  1. Home
  2. /
  3. FAQ
  4. /
  5. サポート情報
  6. /
  7. SFCを読み込んだ際、図面全体がブロック化されていますが、それを分解すると寸法が大きくなる現象が発生します

SFCを読み込んだ際、図面全体がブロック化されていますが、それを分解すると寸法が大きくなる現象が発生します

製品名
ARES Commander 2018/2019/2020
ARES Standard 2018/2019/2020
(青い星)

ARESでSFCを読み込んだ際、図面全体がブロック化されています。
それを分解すると寸法が大きくなる現象が発生します。
対処法はありますか?

 

(青い星)

寸法をブロックにして尺度変更し、それを分解すると以下の図のようになります。
 上図:長さ寸法をそのまま尺度 1/2 に変更
 下図:長さ寸法をブロックにしてから尺度を 1/2 に変更、その後ブロックを分解

ブロックにした長さ寸法は、見た目そのままに 1/2 サイズになっていることがわかります。
それを分解すると、長さ寸法を 1/2 に尺度変更した時と同じ状態に戻ってしまいます。

これと同じことが SFC読み込みをした図面にも起っています。
こちらは仕様となりますのでご了承ください。

対処法は以下となります。

  1. ブロックを選択してプロパティパレットの「X 尺度」の値を確認してください。

     
  2. この値が 1 になるように、全ての図形を尺度(SCALE)コマンドで、尺度変更します。
    <例>X尺度が 0.01 の場合はSCALEコマンドで尺度を 100 倍にします。
     
    コマンドウィンドウに SCALE と入力し Enter を押します。
    次に全てのエンティティを選択し Enter を押します。
    任意点をクリックし、基点を指定します。
    尺度係数を入力し(例:100)Enter を押します。
     
  3. ブロックを選択し、コマンドウィンドウに分解コマンド EXPLODE を入力し Enter を押します。

この手順にてブロックを分解することにより、図面を1/1スケールで通常通り表示することが出来ます。

 

検索用キーワード
SFX SFC P21 ブロック 寸法 分解

短縮URL: https://jp-help.graebert.com/?p=1475